日経産業新聞が薄くなった

日経産業新聞が薄くなった

社会人になった頃から愛読している日経産業新聞ですが、内容が薄くなったように感じています。
2017年11月から紙面がリニューアルされました。
時代の流れ的に、起業とIT分野が多くを占め、何かが減りました。
枚数も減り、いつも読んでいた何かが無くなって、ものたりなくなってしまいました。

紙媒体の内容が減ったのは、電子版への移行を促しているのでしょうか?
書籍をiPhoneやiPadでも読んでいますが、疲れるんですよね。
小説の読書には電子書籍でも良いのですが、新聞は自分の興味をサーチしながら読んでいますので、紙媒体の方が向いていると思います。

ビジネスでは、A4-1枚アンケート法やA4-1枚報告書法、A3-1枚提案書法など様々なメソッドがあります。
1枚なら一目一瞬で判断することができるため、経営者には好まれている方法です。
新聞紙の大判紙面を目でざっとサーチして、自分の興味を探して読む。
これが新聞紙の良いところです。

その新聞が変わろうとしている。
良くもあり悪くもあり、です。

年末年始で更に薄くなる日経産業新聞。
でも電子版にすると、積読が出来なく(しなく) なりますので、当面は紙媒体でいこうと思っています。

【マーケティング担当者ってナニするの?】セミナー
マーケティング・セミナー開催

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
http://www.toyoda.marketing
----------------->

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です