テキストとイラストの役割

テキストとイラストの役割

商品・サービスもしくは会社のPR・宣伝では、テキスト・写真・イラスト図解・動画・成型物といった表現方法で構成されています。
テキスト(キーワード)とイラスト(ビジュアル)とではその役割が異なりますので、役割を意識してマーケティングに活用するのが良いと思います。

テキスト(キーワード)は、Webマーケティングにおいては検索エンジンに認識してもらうことに重きを置きます。
つまりターゲットは、google先生!
検索エンジンに引っかかるように文字情報を多く含めるのが良いです。
ブログやコラムのようなページはその点いい仕事をしてくれます。

”キーワードで検索される”ことを念頭に置けば、写真とスペックだけの商品カタログ的なWebサイトだと、検索エンジンに認識されにくいのです。

逆にWebサイト以外、例えばパンフレット等では、文字情報が多すぎると顧客に認識されにくくなります。

イラスト(ビジュアル)は、人に速攻で認識・理解してもらうことに重きを置きます。
つまりターゲットは、顧客。
文章・テキストの説明では、脳が理解するまでにちょっと時間かかってしまいますが、ビジュアルは瞬時に伝えることが出来ます。
イラスト図解はWebでも紙媒体でも使える便利な表現方法です。

マーケティング活動において、テキスト(キーワード)とイラスト(ビジュアル)の役割を意識することによって、マーケティング担当者が自分たちの仕事の目的と効果がはっきりするようになります。

【マーケティング担当者ってナニするの?】セミナー
マーケティング・セミナー開催

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
http://www.toyoda.marketing
----------------->

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です