事例紹介のリスクその2、リスク回避

架空の場面を描く

事例紹介で顧客の購買意欲をつかみたい。
マーケティングに携わるものなら誰しも思います。

「この事例、挙げちゃっていいのだろうか?社長は公開しろ!って言うし」

その結果、事例の顧客から怒られるのはWeb担当です。
営業も社長も庇ってくれません。
「担当が勝手にやった」と身代わり山羊さんにされてしまいます。

そうならないために、私のやっていたリスク回避する方法のひとつをご紹介します。

実績のある事例を、出来るだけ実名が分からないように工夫します。
実績紹介というよりも、活用事例紹介とします。
会社名・ロケーション名・商品名等すべて架空の名前を付け、相談内容・依頼内容も原形が分からないようにアレンジします。

それと、掲載する写真は似ているフリーライセンスの画像を使う、またはイラスト化して色を変えたり数を増やしたりして原形をなくします。
イラスト化する場合、Google画像検索などで似ている画像を参考にするのもいいでしょう。
その場合、まねた画像のライセンスに気を付けなければなりません。
ディズニーなんかパクったら後で訴訟問題になりますので。

一番良いのは、実例の顧客から実名を出しても良いという了承を得ることです。
それも顧客の上層部から。
担当レベルで了解をもらっていても、後から顧客の社長に見つかって取り消し、ということもあります。

また、実例顧客のクライアントからクレームを付けられることもあります。
エンドユーザーが役所であったため、後日削除させられた経験があります。
根回しは重要です。

事例紹介には細心の注意を払って、上手にマーケティングの活用に役立ててみてください。

【マーケティング担当者ってナニするの?】セミナー
マーケティング・セミナー開催

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
http://www.toyoda.marketing
----------------->

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です