マーケティング担当者は写真の管理人

冷蔵庫から人が

みなさんの会社では、誰が写真の管理をしてるのでしょうか?
ホームページやカタログ、提案書やクレーム報告書に添付する不具合の証拠など、業務で扱う様々な写真・画像データがあります。

ホームページ・カタログに使うものは販促担当が。
提案書は営業各自で。
クレーム関係や設置完了証拠などは品質管理部門と工場長が。
社員の顔写真や集合写真・社屋などは総務が。

関係する部門がそれぞれ独自に管理しているのが多いと思いますが、マーケティング担当者からすれば、すべての写真を手元に置いて欲しいところです。
なにせ、頻繁に加工して発信するのは自分たちなので。
そのため、マーケティング部門が一括して写真・画像データの管理を行うのが望ましいです。

マーケティング担当者としての業務は以下の通り。
分類・タグ付け:
・マーケティング部門に聞けば分かるように、欲しい画像データがどこにあるのか、整理。
社外公開禁止画像の設定:
・ヤバい画像が社員に使われないように、顧客に関わる情報・門外不出のノウハウ・会社としてのモラルを分類。
更新記録
・常に最新データに。
情報の共有化
・社員に存在を知ってもらう、知識として蓄えてもらう、応用活用してもらう。
用途に合わせて加工
・Photoshopなど得意な人にやってもらった方が効率的。

マーケティング担当者による情報の共有と制作加工の受託によって、業務に役に立つ事を知ってもらえれば、写真集めも社員みんなが進んでやってくれるようになります。
管理人になるとは、倉庫での出し入れ業務ではなく、業務を回す仕組みになる、という事です。

マーケティングコンサルティングのご案内
マーケティングコンサルティング

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
http://www.toyoda.marketing
----------------->

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です