マーケティング担当者の仕事量

マーケティング担当者の仕事量

マーケティング担当者の仕事って、見えてる部分は派手ですが、それは氷山の一角で、実は目立たない仕事がたくさんあります。
目立たないほど仕事量も増えるのです。
マーケティング担当者の仕事を、ビジネスパーソンの大好きな逆ピラミッドモデルで表現してみました。

マーケティング担当者の仕事には、大きく分けて4つあります。
これを私は『マーケティング担当者の4つの工程』と呼んでいます。

①戦略(企画・検討)
②情報収集(特徴・仕様・活用事例・お客様の声・会社の取り組み)
③コンテンツ制作(HTML・パンフレット・コピーライティング・図説作画)
④情報発信(営業・HP・DM・展示会・広告)

マーケティング担当者の4つの工程

4つの工程は、
①戦略→②情報収集→③コンテンツ制作→④情報発信
の順に仕事を進めていきます。

さてこの中で一番仕事量の多いのは、②情報収集です。
収集した情報の中にはボツ、使えない情報も存在します。
また、今使わなくても後々使うかもしれない情報も存在します。
そしてこの情報の考察から生まれる企画もあります。
この集まった情報を精査して、コンテンツ制作へかかります。

手元に情報が揃っていないと、顧客に伝える情報が貧弱になってしまいます。
それは情報収集の次の工程、③コンテンツ制作がハリボテになってしまい、④情報発信において顧客に伝わらない、という結果にもなりかねません。

マーケティング担当者の仕事で一番大きく時間を割くのは、情報収集です。
その仕事量のわりには、他部署から見たら何やってるのか理解されません。
会議など社内で報告する機会があれば、是非自分たちの行動の過程を発表してみてください。
社内の理解は、情報収集活動の協力へとつながります。

【マーケティング担当者ってナニするの?】セミナー
マーケティング・セミナー開催

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
http://www.toyoda.marketing
----------------->

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です