マーケティング担当者は変態がいい

マーケティング担当者は変態がいい

営業部門とは違うスタイルで顧客に仕掛けるのがマーケティング担当者です。

有象無象・星の数ほどある広告宣伝の中で、ターゲット顧客に見つけてもらうためには何らかの工夫が必要です。
目立つ・感情に訴えかける・面白刺激・将来への期待感・課題解決の提案などなど、奇を衒うアイデアを常に創出していかなければなりません。
平凡な人生を送っている人にはちょっと無理かもしれません。

常に頭の中でこんなことを考えている人、行動に移してしまう人が、マーケティング担当者に向いています。
普通の人からは、変態もしくは改革者、異端児、ちょっと変わった人など呼ばれる人たちです。

変態は、ある意味マーケティング職だからこそ許される行動です。
もし営業職の変態・改革者だと、顧客に迷惑をかけるし、経営者から目をつけられてしまいます。
経営者は自分の計画に外れる行動をする者を嫌います。
営業職は経営者の方針通りに動いてもらわないと困るからです。

マーケティング担当者はちょっとくらいヘンタイでもいいじゃんじゃないですか?
大目に見てやってください。

【マーケティング担当者ってナニするの?】セミナー
マーケティング・セミナー開催

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
http://www.toyoda.marketing
----------------->

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です