商品の宣伝ではなく企業イメージ

箱根駅伝2019

普段あまり民放を観ないのですが、箱根駅伝だけは毎年観ています。
6時間ずっと観ています。
結果、強制的にTVコマーシャルも見させられる形になってしまいました。

TVCMは商品の宣伝というイメージが強いのすが、今日見ていたのは、企業のカッコイイをイメージしたものが多かったです。
それを見て買いたいとは思わないけれど、選択肢があるのであればこの会社は悪くないと思わせるTVCMでした。
企業イメージCMが多いのはテレビ局の方針なのかもしれません。
それにしてもCMが多い。

そして箱根駅伝を観ていていつも思うのです。
あれ?日大は?
目を離すとテレビの映らないところまで落ちている。
母校がんばれ!

マーケティングコンサルティングのご案内
マーケティングコンサルティング

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
http://www.toyoda.marketing
----------------->

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です