ティファニーの素敵なマーケティング

ティファニーの素敵なマーケティング

ティファニーTIFFANY&Co.
たまに購入します。

今、ティファニーのショッピングサイトに面白い機能が付いています。

”おねだりするボタン”

プレゼントをもらいたい相手にティファニーからメールが飛んでくるというものです。
プレゼントのヒントと称して、プレゼントをもらいたい相手の購買意欲を注ぐ、、面白くて、とても素敵なマーケティングです。

第三者をその気にさせる、このマーケティング手法、他の分野でも使えそうです。
普段は接触できない相手のリストアップにもなります。
一石二鳥ですね。
ただ、悪用されると恐いですが。

マーケティング担当者ってナニするの?セミナー
マーケティング・セミナー開催

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
http://www.toyoda.marketing
----------------->

新規開拓のファーストコンタクトはどこか?

隅田川でマグロを釣る

ターゲットとしている人が、どこで情報を収集しているのか?

やみくもに広告を出稿しても、そこにターゲットがいなければ意味がありません。
魚のいるところにエサを撒かなければ集まって来ませんし、隅田川で糸を垂らしていてもマグロが釣れる訳がありません。

これは営業にも言えることです。
やみくもにテレアポしても、関心のある人が電話の向こうにいなければ、話を聞いてくれません。
最初にアプローチをかけるべき人はどんな人なのか、ファーストコンタクトをどこで行えば効率的なのかを考える。
マーケティングでも、営業と同じように考える必要があります。

マーケティングにおいては、ターゲットとしている人が、どこで情報を収集しているのかを知る必要があります。
マトリックス図でターゲットと情報収集場所との関係図を描いてみると分かりやすいです。
業界や商材によって違ってきますので、ご自身のビジネスに当てはめてみると良いでしょう。

ターaゲットと情報収集場所との関係図

BtoCの場合のターゲットの例:
サラリーマン、OL、主婦、ママさん、意識高い系、趣味人、学生、子供、高齢者・・・

BtoBの場合のターゲットの例:
社長、管理職、営業、資材購買担当、人事担当、事務職、SE・・・

情報収集場所・見る媒体の例:
SNS、Google検索、交流会、セミナー、会社、自宅、通勤通学、テレビ、新聞、専門情報誌、機関誌、展示会、イベント会場、店舗

マーケティング担当者ってナニするの?セミナー
マーケティング・セミナー開催

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
http://www.toyoda.marketing
----------------->

造語を作ってキーワードにする

くうねるあそぶ

Webマーケティングで重要なことは、お客様にキーワードを検索して発見してもらうことです。
そのためにはキーワード選びが重要です。

メジャーなキーワード、誰もが知ってるキーワードは、他所の会社、ライバル社もそうでない会社も、全く関係ない個人のサイトも使っている言葉なので、検索順位を上位に持っていくのは至難です。
そこで、あえて自分たちで生み出した造語で検索順位トップを目指すのは如何でしょうか。

誰も使っていない造語であれば、オンリーワンとして検索順位を上位に上げるのは難しくありません。
認知までに時間がかかりますが、今後事業を展開してその造語を広めた時、他社がマネしようとも既に自社がそのキーワードで地位を固めてしまえば圧倒的に優位に立てます。

造語でマーケティング戦略を立てるのが大手企業が良くやりますが、Webマーケティングでは大手も中小零細もスタート位置は一緒です。
私自身もいくつか造語を作って展開しています。
ドメイン取得したり、商標出願しているものもあります。
自社をオンリーワンにする戦略のひとつとして、造語開発をお勧めします。

マーケティングコンサルティングのご案内
マーケティングコンサルティング

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
http://www.toyoda.marketing
----------------->

市場ニーズの情報収集はどこでやる?

中小企業白書_2-3-24_新事業展開の成否別に見た、市場ニーズの把握方法

「マーケティング活動において、情報収集は大事である」

と私は何度か述べています。
マーケティング担当者の4つの工程として
・戦略を練る、考える活動
・情報収集活動
・コンテンツ制作活動
・提供発信活動
を提案させていただいておりますが、一番重要なのは情報収集です。

情報とは、市場の情報であったり、自社商品サービスの情報であったり、得意先やライバル社の情報など、様々なあります。

その中でも市場のニーズはどこで情報収集するのか、というヒントになるデータが中小企業白書2017年度版に載っています。
『新事業展開の成否別に見た、市場ニーズの把握方法』のグラフを見ると、『顧客や取引先との日常的なやり取りを通じた情報収集及び分析』と答えた経営者が80%います。
次いで、『同業の経営者、知人との情報交換』『インターネットによる情報収集』『業界専門誌による情報収集』と続いています。

一番多い『顧客や取引先とのやり取り』で情報を握っているのは、営業です。
そして社長も、です。
その日常的なやり取りの中で市場ニーズを把握できるか否かは、営業自身のスキルによります。
スキルのない営業マンばかりいる会社では、いつまでたっても市場ニーズを把握することが出来ません。
そんな場合は、営業が握っている生の情報を収集して、別の人が判断を行うのが良いでしょう。
営業日報、ヒアリングレポート、納品後の導入レポート等々、出来る限り顧客の言った声のままで。
営業には負担になりますが、記録を残す習慣付けは大事です。

たまには社長やマーケティング担当者が営業に同行して、営業とは違った視点で顧客の話を聞くのも良いです。
せっかく目の前に市場ニーズという情報があるのに気が付かないのはビジネスチャンスロスです。

営業に同行

マーケティング内製化セミナー
マーケティング・セミナー開催

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
http://www.toyoda.marketing
----------------->

アンケートではあえて不満な点も挙げてもらう

アンケートでは不満な点も挙げてもらう

マーケティングの情報収集手段のひとつとして、顧客満足度調査があります。
アンケートです。
アンケートで、良かった点、ほめられた点は社内にフォードバックして、社員のモチベションアップに用いましょう。
中には自分たちには気が付かなかった、自分たちの”強み”を発見できるかもしれません。

普通であれば空気を読んで”普通”に丸をしてくれるでしょう。
しかしながらアンケートでは、あえて不満な点も挙げてもらうようお願いしてみましょう。
あえてお願いすれば、不満点を探してくれるはずです。

不満足な点とは、あるいは商品、あるいはスタッフ、あるいは価格、あるいは業界全体について等、様々あります。
第三者の視点によって、自社・自身の見直すべき点、改善すべき点が見つかるかもしれません。
改善できれば、次なるビジネスにつなげることが出来ます。

アンケートでは、あえて不満な点も挙げてもらうようお願いしてみましょう。

今日のセミナーでも、参加していただいた方にお願いしてみました。
どんな事が書かれているか、ドキドキです。
気の弱い私は心配です。
立ち直れないほどの不満点が書かれていたらどうしよう、明日仕事休んじゃおうか、と。

決してMではありません。

マーケティング担当者ってナニするの?セミナー
マーケティング・セミナー開催

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
http://www.toyoda.marketing
----------------->