マーケティング担当者、自分で何でもやる

第6回河川堤防技術シンポジウム

土木学会の第6回河川堤防技術シンポジウムに行ってきました。
第2回からの参加で今年で5回目。
毎回勉強になるお話を聞けてありがたいです。

ある発表者が、検証に必要なデータがないから自分で採取している、と述べていました。(お馴染みの先生です)
※何を採取するかというと、河川堤防に使われている地盤(地下土壌)のことです。
実際に現場に行って、自分たちで採掘し、その採掘の方法も自分たちで考え工夫しているのです。
えらいなぁ、と思いました。

私が前職(土木)でマーケティング担当者だった時、Webやパンフに使える写真がなかったので、カメラを持って自分で撮りに行きました。
自分が想定する現場の、自分が表現したいアングルの画像が欲しかったからです。

マーケティング担当者をしていると、使用したい写真・画像・解析プログラムがなければ自分で何とかしなければならなかったので、自然とゼネラリスト(何でも屋)になってました。
自分で手配することで、より理解できたと実感しています。
マーケティング担当者は第三者に伝えるのが仕事ですから、自分に理解力がないと顧客には伝わりません。
結果、営業の負担と不満をつくることになってしまうのです。

さて、別の研究発表の中で、ある計測装置を使った研究結果がありました。
思い出したのは、前職で似たような計測装置のプレスリリースの際のこと。
当時、新開発であったため写真がありませんでした。
当然自分で写真撮りに行きました。
近場の河川堤防に重たい装置と単管(鉄パイプ)を担いで。
それっぽいイメージになるよう単管を堤防に打ち込んで、右から左からパシャパシャ。
メーカーは違いますが、似たような装置が世の中の役に立っているのを見て、子供の成長を見るような思いがしました。

マーケティングコンサルティングのご案内
マーケティングコンサルティング

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
http://www.toyoda.marketing
----------------->

ウチのライバルってどこだ?

立ちふさがる壁

営業マン時代、ケーキ製造会社に工程管理のシステムを提案して時の話です。
私はハードウェア会社だったので、主力の端末(ハード)+システム開発(オプション)で攻めていました。
そんな中、そのケーキ製造会社の製造ラインを構築していた会社が、その工程管理システムを受注してしまいました。
彼らは工程管理システムは本業ではないのですが、元々製造ラインの方で取引のあった関係で、私の提案書を見せてもらい同等の提案をして巻き返してきた訳です。
思わぬところにライバルがいたものだ、と気付かされました。

インターネットの検索で、自社を見つけてもらう戦略が当たり前になった現在、検索キーワードにおけるライバルも気にしなければならない点であります。
例えば”マーケティング”というキーワードで検索すると、Webマーケティングに強い会社と、広告宣伝にお金をかけている会社が上位を牛耳っています。
こんな会社が。

・Webマーケティングの会社
・広告代理店
・マーケティングイベントの宣伝
・市場開拓をITで推し進めるハードウェア企業
・人材採用をマーケティングする会社

検索結果は、必ずしも検索したい人のニーズ通りの検索順位であるとは限らないのです。

そういえば20年以上前、POP販促の展示会・POPEYE JAPAN SHOW(ポパイジャパンショー)に出展したことがあります。
上司・同僚の誰も手伝ってもらえず、私一人で準備から運営・説明員までやりました。
そんな中、大手クライアント企業を引き連れてぞろぞろと会場内を回る電通社員。
私自作のブース装飾を見て笑いました。
「売り方を教えてやろうか?へへっ(笑)」
一緒にいたクライアントさんは興味深そうに私の出展した商材に質問してきましたが。
あの日以来、電通を敵と認識しています。

マーケティングというキーワードで常に広告が出てくるこの会社は、同じくマーケティングというキーワードで広告を出している私のライバルともいえます。
ウチのライバルは電通なのかもしれません。

【マーケティング担当者ってナニするの?】セミナー
マーケティング・セミナー開催

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
http://www.toyoda.marketing
----------------->

マーケティング担当者と個人情報保護

法の改正

個人情報保護士の更新手続きを行いました。

個人情報保護法平成27年改正、5000件要件の撤廃、個人情報保護委員会の設置。
私が資格を取得した頃より内容がいろいろ変わりました。
ISMSやプライバシーマークを取得していた会社に勤めていて、資格取得のため一生懸命覚えた常識はもう過去のもの。
気付かずにいたら犯罪者になってたかもしれません。

会社に命じられてやってたら実は違反だった、そんなことがあるかもしれません。
でも処罰されるのは個人です。
マーケティング担当者はアンケートやDM、メルマガ等で個人情報を扱います。
知らずにいたら法に抵触する機会がたくさんあります。
自分の身は自分で守るべく、常識を身に付けておくべきでしょう。
個人情報保護士の資格を取るまでもなく、参考書を読んでいるだけでも知識は身に付きます。
法律は時々変わりますので、できるだけ最新の情報を。

【マーケティング担当者ってナニするの?】セミナー
マーケティング・セミナー開催

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
http://www.toyoda.marketing
----------------->

Webサイトの改ざん被害に遭いました

Webサイトの改ざん被害に遭いました

昨日は面倒ばかり。
電話番号を順番にテレアポしている関西のリサイクル屋の売り込みから始まって、施設の公共工事と勘違いさせるWiFi通信屋の売り込み、ウチの事業を知らないのかWebマーケティングの売り込み。
そんな中で、当Webサイトがリダイレクトに別ページに飛ぶようになってたのに気が付いて急遽対応に追われました。
なにもウチのような小規模事業者に…

結論としては、Webサーバーに管理者権限のあるサブアカウントが勝手に作られてました。
そしてWebサーバー内のすべてのindex.htmlにあやしいscriptが追加されていました。
すでに使われていないドメインのWebサイト(ディレクトリ)や、何年も放置して私すら忘れていた深層ディレクトリに設置したindex.htmlまで書き換えられていました。
Wordpressもいじられていて、よくわからない現象の解明に一日中ソースとにらめっこです。
目が疲れました。
※FTPツールで改ざんされた日付のファイルを抽出。
※Wordpressにサーチツールをインストールしてあやしいscriptを抽出。

分かったのは、複数のjsファイルに勝手にあやしいjsファイルを読み出すプログラムが追加されてました。
index.phpはソースの自動復旧機能のおかげで無事でした。
それらあやしいjsファイルを復旧させ、念のためWordpress本体を再インストールして対処しました。
それと関係する各種パスワードも変更しました。

確認したのでもう大丈夫だと思いますが、もしリダイレクトされているようでしたら、ご連絡ください。

もっと高度な技術でやられていたら私にはお手上げです。

こうまでして広告クリック数を稼ぎたいのか!と憤慨ものです。
広告業界でWeb系の広告宣伝費の割合が急増している背景には、こうした不正な広告収入の存在が大きいです。
一体どれだけ占めているのやら。

復旧後に気づいたのですが、Webサーバーに毎日自動でバックアップと取っていてくれてました。
そこから復旧した方が早かったようです。
でもそれを理解するためにも現状確認は必要なのです。

2018/9/29追記:
サーバー会社から連絡があり、あちこちで被害に遭っているので、FTPパスワードを変更しておきました、との事です。
え?勝手にそんなことするなよ!
一昨日に自分で変更したばかりなのに!!
また変更することになりました。
サーバー会社からの連絡に気が付かなければ、何故FTP接続できないのか知らないままです。
外部にサイト管理を委託してる会社も多いでしょうから、困りものねすよね、GMOさん。

【マーケティング担当者ってナニするの?】セミナー
マーケティング・セミナー開催

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
http://www.toyoda.marketing
----------------->

詐欺広告会社はこうして騙す

名刺広告

よく売り込みの電話があります。
私は自分の専門であるマーケティングを活かして色々と露出しているので、業者のターゲットになりやすいのでしょう。

ある時、私が以前出稿した広告の無料サービス分で名刺広告が出せるので、是非との電話がありました。
FAXで注文書を送るから記載して返信を、と言うので内容を確認していると、無料ではなく額面が入った注文書でした。
しかも相手の会社は、以前広告を発注した業者に似た社名の別会社。
不審に思いネットで検索すると、なんと詐欺被害の報告がいくつもでてきました。
”無料と言われて申し込んだら請求書が送られてきた”
広報担当者が社長に怒られてる情景が目に浮かびます。
以前の業者に確認を取ってみると、やはり詐欺らしく被害も受けているので訴訟も検討しているとの事。
当然、この詐欺広告会社には断りを入れました。
無料と称して受注するまでが詐欺行為で、有料で名刺広告をやっている広告代理店のようです。

それにしても、新聞でよく見かける名刺広告、こんな形で掲載数を集めているのかと思うと、名刺広告を見る目が違ってしまいます。
ちなみに今回掲載される予定だった新聞社は、建設工業新聞でした。
って前職で取材やら広告やらでお世話になった新聞社じゃないですか!
えー、って感じです。

マーケティング無料相談
マーケティング無料相談

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
http://www.toyoda.marketing
----------------->