商標、インターネット出願やってみました

インターネット出願_1

これまで商標を出願するにあたり、特許庁に書類を持ち込んで印紙代を支払って申請し、2週間後に書類電子化の請求書が送られてきて代金を支払って、ようやく出願手続きが完了となりました。
この電子化への2週間がなんともじれったくて・・・
そこで今回はインターネットによるオンライン出願に挑戦してみました。

前準備として、

①過去に出願をしているので、自分の特許庁の識別番号を持っている
②青色申告をネットでやっているので、個人番号カードとICカードリーダー、電子照明の利用者用番号と署名用番号がある
③ネット支払いのためのネットバンキングがある

と、既に環境は整っていました。

さて、インターネット出願ソフトをインストールして進めていきます。
オンラインで出願する場合は、HTML形式のファイルで申請するようなので、あらかじめひな型をダウンロードして商標登録願の内容を記載しておきます。

インターネット出願_2

次にソフト【申請人情報・証明書管理ツール】を立ち上げて、自分の識別番号と、利用者用番号並びに署名用番号をひも付ける設定をします。

設定後ソフト【インターネット出願】を立ち上げて、いざ出願、と思ったらエラーとなってしまいました。
その前に手数料の支払方法の設定をしなければならなかったのです。
予納・現金・電子・口座とあったので、電子現金納付を設定するために、再びソフト【申請人情報・証明書管理ツール】を立ち上げて、設定しました。

ところが何度やっても失敗します。
特許庁のサーバーに自分の番号が登録されていないようなことを言われました。
何度もTRYして調査して分かったのは、午前中に申請したものは当日の18時以降でないと完了しないらしい、ということです。
10時に識別番号と利用者用番号の登録したので、夜まで次の行動に移れないようなので、作業を一時中断しました。

さて夜になって、再びソフト【申請人情報・証明書管理ツール】を立ち上げて、電子現金納付者と電子現金パスワードの設定をしたらすんなりできました。
商標出願1件分の支払いを電子現金で選択するとペイジー(Pay-easy)で支払うことになり、自分の銀行口座を選択してログインし、ネットバンキングで支払いを済ませて、納付番号を取得しました。

インターネット出願_3

ようやく本日のメインイベント、商標登録の出願です。
ソフト【インターネット出願】を立ち上げて、出願→文書入力の項目から、HTMLファイルを読み込んで、いざ出願!

またもやエラーです。
電子現金納付の場合、どうやら【手数料の表示】の項目には【納付金額】を記載してはならず、ペイジーで取得した【納付番号】を記載すれば良いようです。
修正後、改めて申請チェックを行うと、エラーもなく申請可能になりました。
送信ボタンを押して申請!
しばらくして、ソフト【インターネット出願】の受領書に受領完了のメールが届いて、無事申請完了しました。

インターネット出願_4

一度体験しておけば次からは簡単に申請ができるのですが、最初の設定が煩雑で、分からない言葉をいちいちネットで調べて、と一日がかりでした。
知り合いに特許の得意な士業がいればもっと楽だったのかもしれません。
まあ、自分で分からないことを解決した経験によって、次からは人に教えられるとも言えますので、良い経験をしたと思っています。

商標登録はブランディング!
そしてマーケティングの武器となります。
マーケティング活動の一環として、各会社でも経験するのも良いとおもいます。

マーケティング内製化セミナー
マーケティング・セミナー開催

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
http://www.toyoda.marketing
----------------->

展示会でのポン引きチラシ配り

展示会のポン引き

産業交流展に行ってきました。
機械・環境・福祉・情報をテーマとした中小企業の展示会です。
以前勤めていた会社も出展していて、懐かしい顔ぶれにほっこりです。

さて、展示会でいつも思うのですが、なぜ通路でポン引きよろしくチラシ配りするのでしょう?
ポン引きが邪魔で出展物を見ることが出来ないブースが多いのです。
営業部長的には、客を捕まえて話をしろ!ということなのでしょうが。

昨今マーケティングを研究してきて分かってきたのは、説明されることを喜ぶ『かまってちゃん』のみならず、『ほっといてくん』が存在するということです。
『ほっといてくん』は、自分が見たいものしか見ない、人から強要されるのが嫌い、説明を聞きたくなるまでそっとしておいて、というユーザーです。
こういう人にはポン引きがいるブースには近づきません。
足早に素通りしようとします。
技術者タイプに多いのではないでしょうか。
強引なポン引きで、目利きである技術者を取り逃がしてはビジネスチャンスロスです。

ではどうすればよいのか?
ブース内を安心して見てもらえるようなブース設計が必要です。
営業が通路に出張っているとブースが見えませんので、待機場所の考えなければなりません。

ターゲットが、『かまってちゃん』なのか、『ほっといてくん』によって、展示会の運営の仕方が変わってきます。

マーケティングコンサルティングのご案内
マーケティングコンサルティング

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
http://www.toyoda.marketing
----------------->

差別化が難しい場合、別の視点でウリを出す

ネット予約チラシ_豊田農場

ポストに近所の居酒屋さんのチラシが入っていました。
チラシの内容は、料理の種類やドリンクの料金ではなく、ネットで予約ができることを打ち出した作りになっていました。
料理や飲み放題では差別化が難しくなってきている居酒屋業界なので、スマホで簡単予約をウリにしたのでしょうか。
面白い戦略だなあ、と思いました。

業界内での差別化が難しい場合、全く別の視点から自社を売り出すのもひとつの手です。
何屋さんかな?と思わせるアイキャッチ宣伝、経営者にはちょっと勇気が必要です。

さて、後になって気付いたのですが、実はこのチラシ、居酒屋さんのチラシではなく、ネット予約サービス会社の、居酒屋さんとのタイアップチラシでした。
どうりで料理やドリンクが載ってない訳で。
ちょっとした私の勘違いでした。

マーケティング内製化セミナー
マーケティング・セミナー開催

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
http://www.toyoda.marketing
----------------->

CtoCのマーケティングを垣間見た

Handmade MAKERS_パンフレット

ハンドメイドの展示会、Handmade MAKERS’へ行ってきました。
新しい事業のアイデア探しとパートナー・職人さん探しが目的です。
来場者はほぼ女性。
男性は1%か?出展者に1割ほど。

このハンドメイドの展示会、クロバーやベビーロックといったこの業界ではよく聞く会社も出展していましたが、どちらかというと個人事業が多くみられ、展示装飾や商品ディスプレイが如何にも素人っぽくていい感じです。
恐らく個人事業主の方だと思うのですが、HPは無料サイト、紹介はfacebookやinstagram、メルマガとしてLINE@、お問い合わせメールはgmailと、すべて無料でやってしまってます。
ずっとBtoBの世界で仕事をしてきた私からすると、ビジネスの信用度が全く不明なので、お取引には躊躇してしまいます。
しかしこれが今のCtoCビジネスなんでしょう。
私にとっては未知の世界、CtoCのマーケティングを垣間見た気がします。

展示会を終えて時間があまったので、帰りにさいたま国際マラソンの受付を済ませにさいたまアリーナへ寄ってきました。
競技場の壁に自分の名前を見つけて、大会本番は明後日なんだ、と気を引き締めました。
顔はニヤけてしまいましたが。

さいたま国際マラソン_壁に貼り出された名前

マーケティングコンサルティングのご案内
マーケティングコンサルティング

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
http://www.toyoda.marketing
----------------->

マーケティング担当者に必要なセンス

ミシン

ミシンを買いました。
初心者用の安価なやつです。
ミシン操作、40年ぶり?
あの頃は足踏み式の時代でした。
最新のミシンは糸通しが簡単で、取説通りにやったらすぐセッティング出来ました。
新しい事業の商品の試作を作るため、自分でやってみようと縫製技術を勉強中です。

平面の型紙から如何に立体化していくのか、その過程を学んでいると、難しくて頭がショートしそうですが、ワクワク感があります。
モノづくりは私に合っているのでしょう。
よく布地一枚から服が作れるのもだと感心しています。
自分の頭の中にある立体物をどうやって生み出そうか、頭をひねりながらミシンを動かしています。

手に技術を覚えたからといってモノが生み出せるとは限りません。
プログラム技術を学んだからといって新しいゲームが作れる訳ではないですし、イラストレーターが売れるパンフレットをデザインできる訳ではありません。
仕様や設計、コンセプトが無いと技術者は生み出すことが出来ません。

マーケティングも同様で、Webデザイナーがマーケティング担当者に向いているとも限らないのです。
マーケティングには”売るためのセンス”が必要なので、どちらかというと営業や経営者の方が向いています。
デザイナーの方が表現する技術があるので、会社での作業メンバーとしては有利ですが、デザイナーには売るためのセンスが不足しています。
人材不足のため、どうしてもデザイナーをマーケティング担当者に据えたいのであれば、営業部門長もしくは経営者と一緒にマーケティング活動をしていくべきです。
デザイナー1人にマーケティング活動をさせる(丸投げ)のはよくありません。
それは、デザイナーに営業をさせているのと一緒です。

マーケティング内製化セミナー
マーケティング・セミナー開催

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
http://www.toyoda.marketing
----------------->