社内では営業は必要ないと感じている人が多い

「営業なんていらないんじゃない?」

製造部門やサービス部門・業務管理部門から度々こんな声を耳にします。
特に工場長のような立場の方からも。
こういった企業では、お客さんとのファーストコンタクト以降の仕事の流れに営業が関与していない場合が多いです。

私の営業マン時代は私がすべて管理していたのでこんなことを言われませんでしたが、確かにそんな陰口を叩かれる営業マンはおりました。

彼らの場合、お客さんとの受注や仕様のすり合わせは、技術部門や管理部門にお任せでした。
”工場に丸投げ”です。
この営業マンは何をやっているのでしょうか?

このような営業マンには、システムの話や製造技術的な話、製造スケジュールの組み立てなど出来ません。
何故出来ないのでしょうか?

営業は間接部門に比べて凡そ高給です。
しかし会社への貢献度は?

営業という職種を考え直しても良いのではないでしょうか?

私は、多角的に活躍するマーケティング担当者を育成することをお勧めいたします。

———————————-
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
http://www.toyoda.marketing
———————————-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です