面白みのない会社案内をどうするか?

ウチの事務所のパンフレットを作っています。
どんな事業案内にしようかと、頭を悩ませています。

会社案内の制作

会社案内。
これまで多くの会社の会社案内のパンフレットを目にしてきました。
正直な話、”良いパンフレット”に出会ったことがありません。
今までいろいろな会社と取引をしていて、きれいな会社案内を頂戴すると、がっかりしてしまいます。
どれもつまらないのです。

過去に私も商品パンフレットや会社案内パンフレットを制作してきましたが、会社案内パンフには商品パンフほどの情熱が注げないのです。
会社案内は面白みがないのです。

人はみな、商品カタログや商品パンフレットは、目を皿のようにして内容を確認します。
ですが、会社案内は見るところが決まってしまいます。

・経営者の名前
・資本金
・従業員数
・営業拠点・工場の場所
・取引先銀行
・・・

会社案内にはその会社の社長の思い・方針・会社の取り組みが詰まっていて、ソレを印刷会社のデザイナーさんが大変きれいに仕上げています。
しかし、会社案内を戴く側(お客様)にとっては、ソレは重要ではなく、上に挙げた文字情報に関心があるわけです。

会社案内パンフレットを配布する側の営業マンにとっては、売り上げに直接つながらない会社案内はあまり活用しません。
会社案内では仕事が取れません。
会社案内よりも商品のパンフレットの方が重要です。
そして商品パンフをどんどん撒くのが営業の仕事です。
結果、会社案内パンフは在庫が残ってしまい、会社によっては何年も更新しない会社案内を配ってるところもあります。

・新規取引先への訪問時
・新卒採用の説明会
・銀行さんとの打ち合わせ

会社案内パンフレットが重要な場面もあります。
会社案内パンフを持っていないと、その会社大丈夫?と思われかねません。
それでも、商品パンフのようには在庫が捌けないのです。

そんな事を考えながら今、自分の事業のパンフレットを作っています。
仕事が取れる事務所案内パンフレットにしたいですからね。

マーケティング・セミナー開催

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
http://www.toyoda.marketing
----------------->

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です