場をわきまえず携帯する経営者

携帯する経営者

昨日は地元の商工会議所の賀詞交歓会に参加いたしました。
起業して初めての賀詞交歓会です。
地元の名士たちがたくさん来場されました。

さて、そんな主催者・ご来賓の挨拶の最中に、誰かの携帯電話が鳴りました。
そしてその誰かさんは通話を続けました。

偉い人のご挨拶の最中に携帯?

集まっている方たちは経営者です。

経営者の方からよく耳にするのは、
「社員がいうことを聞いてくれない」
「社員の躾がなっていない」
だから社員教育を!ビジネスマナー研修を!という話なのですが。

しかし、経営者のビジネスマナーの悪さの方が致命的です。
社長のマナーの悪さのため、取引先から断られた話もよく耳にします。
私自身、会社員だった時にも社長の不作法について、取引先からさんざん文句を言われました。
「本当はお宅の社長が嫌で、お宅とは取引したくないんだけど、営業さん(私のこと)が良くやってくれるから」

街中でみんな並んで待っているのに、遅い!と怒鳴ったり、割り込んだりする勤め先の社長を何度か、何人か目にしました。

会社では権力者でも、街中ではただの偏屈なおじさん。

社員のマナーのおかしいところは周囲の人が教えてくれます。
しかし経営者に対しては誰も注意してくれません。
その傍若無人さが、いつの間にか会社の内外に敵を作っているかもしれません。

あなたはトランプ氏になっていませんか?

マーケティング・セミナー開催

マーケティング・セミナー開催

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
http://www.toyoda.marketing
----------------->

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です