私のための見える化営業術

私のための見える化(見せる化)営業術

今日の日経産業新聞にちょっと面白かった記事がありました。

”アナログで業務「見える化」”

グローリー社の業務改善の取り組みとして、イラストや図解による「見える化」を取り入れている、と紹介されています。
言葉よりもビジュアル化した方が分かりやすいですし、伝わりやすいですので、たいへん良い取り組みだと思います。

私は会社員だった頃、実は口下手な営業マンでした。
今もそうですが。
それでもいくつもの業界で営業が出来たのは、”口頭説明以外の方法”を用いていたからからでした。
それがビジュアル化です。
プレゼンもパンフレットも、会社のホームページにも、活用事例や解説を出来るだけイラストや写真で行っていました。
お客さんから大クレーム付けられた時も、原因と対策をグラフと写真での説明と謝罪で、だいたいは納得してもらえました。
口先だけで謝る他の営業より大事にならなかったです。
ビジュアルのおかげで、口下手な私がしゃべるよりもお客さんに伝わるので、営業職をやっていけたのです。
そんな営業スタイルが、現在の私のマーケティングのベースにもなっています。

私は売り込みに来る営業マンのマニュアルのような営業トークは信用しませんが、見える形になっているもので購買を検討しています。
そんな私だからこそ発生した、見える化(見せる化)した営業術です。

マーケティング・セミナー開催

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
http://www.toyoda.marketing
----------------->

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です