経営者はすぐやりたい

今週の月間キャンペーン

経営者は常にビジネスプランを考えています。
そして、思い付いたら実行したくなって、いてもたってもいられない。
経営者は、すぐやりたいんです。

私も自分で事業を始めてからは同様に、思い付きでドメイン取得したり、思い付きで商標登録申請してみたり、思い付きで事業プラン書いて商工会に相談に行ったり、思い付きでセミナー企画してみたり。

でも冷めやすくて、飽きやすい。

思いつきで費用をかけて、人件費をかけて。
自身でやるのならともかく、やらされる社員にしてみたら堪ったものではないでしょう。

「思い付きで無計画にやるんなら、社員の給与に回してくれ!」

私も社員時代はそう思っていました。

社長が突然、ブランディングをやりたいと言っても、営業は自分の売り上げの方が重要なので、協力なんてしてくれません。
そういった意味では、経営企画部門や経営戦略部門、マーケティング部門のような存在は、組織の中で重要な役割を示します。
先日に記しました『中小企業白書』を見ていて、経営の方向性を検証・実行する部門は必要だと感じています。

困った経営者は、昨日言っていた事を今日にはひっくり返すようなことを言います。
昨日と今日とで全く違うことを言っているようでは、社員からの信頼を失います。

経営方針にブレないことが、会社にとっても、社員にとっても重要です。
口走ってしまう前に、相談する相手・検証する部門が必要でしょう。

ある日突然、社長がロケット開発に投資するなんて言い出したら、社員はどう思うでしょうか?

マーケティング・セミナー開催

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
http://www.toyoda.marketing
----------------->

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です