仕組みを軌道に乗せるには補助輪が必要

いいからやれ!

社内業務の取り組み・仕組みは、業務を効率的に・スピーディーに・正確に、または社内共有を目的としたものです。
ところが仕組みはなかなか軌道に乗らない上に、初期段階では他の業務の負担にもなりかねません。

私はマーケティングコンサルタントとして、マーケティング担当者にはまず第一に情報収集、特に事例の収集を勧めています。
事例収集のため事例カルテというツールも紹介しています。
残念ながら事例情報を多く握っている営業は面倒くさがってやりたがらない。
そのためなかなか情報が集まらない状況に。
ただ単に「やれ!」「やってくれ!」ではやる側のモチベーションが低いままです。
自ら進んでやってくれるようにならないと仕組みは効果を発揮しません。

仕組みを習慣付けるためには初期段階に助走や補助があると進めやすくなります。
慣れないうちは自転車の補助輪のように手助けしてあげ、慣れてくれば補助輪を外して自分でやってもらう。
営業アシスタントやマーケティング担当者が事例カルテ収集を手伝ってあげる、などです。
やっていくことで結果的にはノウハウの蓄積になり、会社の財産になることを理解するはずです。

軌道に乗るまで誰かが手伝ってあげ助走をつける。
では誰がやる?
なんでしたら私がお手伝い致します。

マーケティングコンサルティングのご案内
マーケティングコンサルティング

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
https://www.toyoda.marketing
----------------->

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です