BtoBにはBtoBなりのマーケティングの方法

BtoBとBtoCの購入の動機

昨日NHKの番組『クローズアップ現代+』を見ました。
『追跡!ネット広告の闇、水増しインフルエンサー』と題して最近のInstagramによるインチキSNSマーケティングが紹介されていました。
番組で紹介されていた事業者は一般消費者向けビジネス(BtoC)やCtoCばかりです。
私もマーケティングコンサルタントであるのでSNSマーケティングには興味があるものの、BtoBマーケティングを追いかけている私にはSNSマーケティングがしっくりきません。
SNSマーケティングにはいつも懐疑的です。

流行っているからとSNSマーケティングの手法に法人向けビジネス(BtoB)がそのまま飛びついてはいけないのです。
法人向けビジネス(BtoB)でSNSマーケティングが上手くいっている事例はBtoCほど多くありません。
法人向けビジネス(BtoB)にはBtoBなりのマーケティングの方法があります。
そもそもBtoBは営業部隊が人海戦術でやってきたビジネスです。
営業部隊がやってきたノウハウを最新技術に取り入れるのが正しいBtoBマーケティングだと思います。
BtoCのマネしても上手くいくわけがありません。

SNSの水増しフォロワーやWeb広告の水増しアクセス、セミナーでもサクラ出席者がいたり。
世の中あやしいマーケティングがいっぱいです。

マーケティングコンサルティングのご案内
マーケティングコンサルティング

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
https://www.toyoda.marketing
----------------->

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です