営業は知らない、技術スタッフにはあたりまえ

工事用三角旗

建設業にてマーケティング担当者をしていた時の話。
工事現場にて、逆三角形の生地がロープで吊ってあるのを見かけます。
鉄道橋梁の下とかアンダーパスのトンネル上部とか。電線や足場・手すりにも存在しています。
 ̄ ̄▼ ̄▼ ̄▼ ̄▼ ̄ ̄ ←こんなやつ
トラックやクレーン車がぶつからないようにと注意表示であり危険区域を知らせるアイキャッチ、三角旗というそうです。

当時の私は、位置情報を把握した衝突防止システムを商品としてその販促活動が仕事でした。
商品としては画期的なシステムであり、その宣伝文句を考えていたのですが、実は現場では従来どうしていたのか知らなかったのです。
それが、逆三角形のアレでした。
私は工事現場を見学していてその事に気付き、えらく感動したものです。
会社で誰かが教えてくれたわけではなく、それどころか誰も気付かなかった可能性があります。
以降、私は宣伝の際には▼▼▼を頻繁に引き合いに出すようにしました。

その事について、営業は知らないので気付けない。
そして技術スタッフにとってはあたりまえ過ぎて気にしないし気付かない。
しかし気付くことで新たな見方ができます。
当事者よりも第三者の方が気付けるのではないかと思います。
マーケティング担当者は営業側でも技術スタッフ側でもありません。
第三者目線で自分の取り扱う商材を見てみては如何でしょうか。

マーケティング無料相談
マーケティング無料相談

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
https://www.toyoda.marketing
----------------->

天気予報の見せる化技術は真似したい

天気予報

今年のゴールデンウィーク、東京は何日雨が降るか分からない空模様で、出かける際は傘が手放せませんでした。
幸い、毎年参加しているマラソン大会は好天で帰宅するまで傘の出番はありませんでした。
東京でも雹が降ったあの日です。

さて、そんなGWは毎日天気予報をチェックしていたわけですが、この天気予報というコンテンツ、大変マーケティングに参考になるのです。
音声(ラジオ)だけでも伝わるし、画像(Web・TV)だけでも伝わる。
画像にも、天気図・雨雲レーダー・週間天気表など見せ方色々で、テレビ局によっては手書きのフラップで表現するところもあります。それらがとても分かりやすい。
ビジュアルだけ伝える様々な工夫が見ることが出来ます。

マーケティングでも見せる化技術は重要で、文字情報よりも瞬時に伝わえられるのでお勧めです。
自社のWebサイト・展示会・パンフレット等々の見せ方として、天気予報の見せる化技術はぜひ真似したいものです。

【マーケティング担当者ってナニするの?】セミナー
マーケティング・セミナー開催

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
https://www.toyoda.marketing
----------------->

バズった後、営業につながるのか?

バズった後、営業につながるのか

最近のWebマーケティングはアクセス数を増やす事、またはバズらせる(爆発的に話題にさせる)事ばかり重要視しています。ですが、

アクセス数を増やしたから営業にバトンタッチできるのか?

と言いたいです。
私も元・営業マンだったので。

アクセス数を増やす、またはバズらせるのは、なんでもいいからサイトに来させるのが目的。
アクセス数が増えることで広告収入が増えるサイト運営会社の営業方法です。
ですがBtoBが全く違います。

法人向けビジネスを展開している会社の営業に聞いてみるとよいです。アクセス数が増えれば売り上げが増えるのか?
バズれば営業ノルマを達成できるのか?
アクセス数を増やしたから後は営業の仕事、などと言うのでは、営業とマーケティング担当者の軋轢は広がるばかり。
面白刺激で集まったゴミ(客とは言えない)を寄越されても営業は喜びません。
確度の高い見込み客が欲しいのです。

営業活動をするにあたり営業が求めていることがマーケティング担当者の仕事。
営業とマーケティング部門はよく話し合った方がいいです。
会議には社長にも入ってもらって、経営戦略の視点で判断を。

【活用事例づくりから始めるマーケティング内製化】セミナー
マーケティング・セミナー開催

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
https://www.toyoda.marketing
----------------->

コンテンツ東京行ってきました2019

社会の窓が全開でした

展示会・コンテンツ東京に行ってきました。

制作技術を見るのも目的ですが、個人事業のクリエイターさんの出品を見るのも楽しみのひとつです。
それぞれ独自のデザインを持っているので、とても参考になります。
ただ残念に思ったのは、コンシューマ向けのデザインがほとんど。
もっとBtoBに役立てるデザインを出展した方がBtoB事業者からの案件が増えると思う。
可愛いキャラクターよりも、建設物とか店舗内装・機械類・事務用品の方が、一般企業は依頼しやすいと思います。

今年はVR関係が目立ちました。目がチカチカします。
やってみたいとは思うものの、内容をどうするかが悩みです。
制作技術は色々出展されているので自分でやろうと思えばやれる。
今VRでやりたい内容が見つからないのです。

何度かこのブログならびにセミナーでお話ししていることですが、コンテンツは内容を自社で用意することが重要です。
業者に委託すれば作ってくれますが、内容の根本的情報を用意できなければ、業者にもどうすることもできません。
どうしたいかを業者に伝えられるくらいの情報を手元に用意してあれば、先の個人事業のクリエイターさんに依頼してイラスト制作してもらうのもスムーズにいくことでしょう。

自社の商品サービスの情報収集は大変な業務ですが、やっておけばコンテンツ制作が楽になります。

さて、会場をひと回りしてトイレ休憩しようとしたら気が付きました。
社会の窓が全開でした!
こんな格好でブースのお姉さんに声かけられてたなんて、恥ずかしい・・・

マーケティングコンサルティングのご案内
マーケティングコンサルティング

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
https://www.toyoda.marketing
----------------->

常時SSL化奮戦記

SSL化

Google広告に新しい広告を掲載しようと設定していたら、httpsじゃないと怒られました(黄色い▲)。

いよいよ強制的に常時SSL化せざるをえなくなりました。
実は昨年8月からサーバー側は設定済みでhttpとhttpsが同時に稼働している状態でした。メインはhttpの方です。
何故すぐに常時SSL化しなかったかというと、設定した場合の問題発生(例えばサイトが全く表示されないとか、検索エンジンから消されるとか)の心配と、私のサイトの環境が一般的でないので簡単ではないこと、あと面倒だったから。
私のサイトは普通にHTMLで書いたサイトの中にWordpressが同居している状態です。
ネットで常時SSL化の方法を調べると、HTMLで書いたサイトの場合かWordpressの場合かのどちらかしか情報がなく、同居の場合はどうするのかよく分からず不安でした。
結局はやらなければならないので、自己流に両方の方法をやりました。
今のところ無事に動作しているので大丈夫なのでしょう。

私が今回やったこと:
・サーバー/ドメインのSSLサーバー証明書設定
・新たなに.htaccessを作成、アップロード
・HTMLで書いたホームページのリンク先の修正
・Wordpressの設定変更
・Googleアナリティクスの設定変更
・Google広告もhttpsで設定

さて、自分で構築したサイトなので自分で対応できたのですが、もしも業者に任せていらたどうなったでしょうか?
サーバーの管理、ホームページ制作、Googleアナリティクスの管理、SNSの管理、Web広告の管理、社内の印刷物の管理・・・
すべて丸投げなら彼らの得意分野なので対応は早いでしょう。
パートによって業者が違う場合、分かる人による調整が必要です。
調整に失敗すると、何が原因で不具合になったのか分からず、業者間の責任のなすり合いになります。
企業においては、マーケティングに関係する部分はできる限り内製が望ましいです。
マーケティング内製化についてはセミナーを開催しておりますので、ご興味あればご参加ください。

さて私のサイトですが、常時SSL化して早速大きく変動しています。
今後検索順位がどう変わっていくのか追跡していきたいと思います。

【活用事例づくりから始めるマーケティング内製化】セミナー
マーケティング・セミナー開催

マーケティング内製化プロデューサー
<-----------------
豊田マーケティング事務所
豊田栄康(トヨダヨシヤス)
https://www.toyoda.marketing
----------------->